1. ホーム
  2. 想い

栄養に対する考え、環境がより良くなれば
スポーツはより大きな価値や感動を創造できる

━━━━━

スポーツを観ていて感動した。スポーツに関わって感動した。スポーツをしていて感動した。試合に勝って嬉しかった。負けて悔しかった。次は 勝ちたいと思った。勝たせてあげたいと思った。多くの人がスポーツによって感情を揺さぶられた経験があると思います。
観る人、関わる人、プレーする人、支える人...
様々な人々に感動を生む力を持っているスポーツ。そのスポーツに大きく関わっている、身体を創っている栄養と、私たちは真剣に向き合うこと ができているだろうか? スポーツに関わる人たちの多くが栄養とこれまで以上に向き合えるようになれば、スポーツはより大きな価値や感動を 創造できると確信しています。
栄養素をできるだけシンプルに、そして本質的なカタチで。Corpoはあなたの感動創造をサポートします。

私たちは正しく栄養を理解し、自ら実践していける人材を増やしていきたい。アスリートや学生が自分たちの栄養についてより考え、行動できる ようになることで、より感動や価値を生み出してほしい。それがスポーツの生み出す価値をさらに高めてくれる。そんな想いから始めました。ア スリートが1日3食の食事で必要なタンパク質量を摂取できるならプロテインは必要なくなるのかもしれない。目標に向かって前進するアス リートがさらに素晴らしい感動や価値を生み出せるようになることを心から願っています。

スタッフの声

小さな工夫で人生はもっともっと豊かになる

私はプロアスリートとして28歳までプレーさせてもらった中で、自分なりに知識を持ち、栄養と向き合ってきたつもりでした。ある意味、自分の中で「食事や栄養はこれで良い」と自分の中で決めつけてしまっていたように思います。当時は、「自分には必要がない」と盲目的に決めつけ、プロテインやサプリメントを使っていませんでした。
しかし、プロ選手を引退し、競技を続けながらビジネスの世界でチャレンジをはじめ、その中でより栄養を突き詰めている方々と出会い、自分が今まで知らなかった多くの情報に触れ、自分自身の栄養を改めて見直した時に、まだまだ工夫できることや考えられることがたくさんあることに気づかされました。栄養は人によっても、体調によっても、どれくらい何が必要なのか変わります。食事やサプリメントをはじめ、生活スタイルに少し工夫を加えることで、スポーツの中でのパフォーマンス、疲労感はもちろん、仕事のパフォーマンスにも大きな違いが出ることを体感しています。
運動やトレーニングだけでなく、栄養や休養などの側面からも自分自身の身体としっかりと向き合う人が増えることで、より豊かな人生を歩んでいける人が増えること、そして、その人達が周囲の人たちをより幸せにしてくれることを確信しています。
Corpoがそんなきっかけになれたら何より嬉しいです。

店長岡本達也

改めて自分の身体と栄養に向き合ってもらえるキッカケになって欲しい

これまで自発的に栄養を学び、日々の食事から、栄養に対して様々なアプローチで実践してきた中で、必要な栄養素を効率的に補給することができるプロテインやサプリメントの重要性を実感し、16年間活用してきています。
日々の食事から栄養素を摂っていくことが前提としてありながらも、それだけではなかなか摂りきれない、その時々に必要な栄養素を補給する役割として、プロテインやサプリメントは重要な役割を果たしてくれていると感じます。
様々なプロテインやサプリメントをある程度継続的に試してみた中で、品質や実感値などから、より自分に合う商品を選択してきました。
人それぞれ、合う合わないもあると思います。これまで活用していた人も、活用していなかった人も、改めて自分の身体と栄養に向き合ってもらえるキッカケになってもらえれば幸いです。

店長柴村直弥